突然の国税局・税務署の調査立会可能

風俗営業者の税務調査は初動の対応で結果が決まってきます
<全国対応>東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・群馬県・長野県・静岡県他
LinkIcon

消費税率が高くなっている現在、昔と違ってキャストに対する源泉徴収や実費負担の問題で、報酬か給与かの認定が消費税額と源泉税額に大きく影響します(数多くの係争事案があります)。

突然の国税局・税務署の調査立会可能

風俗営業者の税務調査は初動の対応で結果が決まってきます
<全国対応>東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・群馬県・長野県・静岡県他
03-6273-1652

キャバクラ・スホストの税金

消費税率が高くなっている現在、昔と違ってキャストに対する源泉徴収や実費負担の問題で、報酬か給与かの認定が消費税額と源泉税額に大きく影響します(数多くの係争事案があります)。

ホステスさんの税金
ホストさんの税金
経営者の税金
※更新情報 H30.5.22 ホームページ更新しました。

金融機関(銀行・保険会社)やハローワーク、年金事務所は現在マイナンバーの提出がないと取り扱ってもらえない事務手続きが出ています。平成29年分の提出から義務化されています。
 

確定申告の準備は大丈夫ですか

 確定申告のシーズンが徐々に近づいています。いままで無申告の個人の方などは、いきなり税務署に行かずに、税理士等プロに事前に相談した上で代理申告をお願いするようにすべきです。その際は是非当サイト・運営事務所(社会保険関係等のアドバイスなどにも対応)におまかせください。
 
キャバクラ・ホストクラブ.comⓇ
 マイナンバー制度が平成28年(2016年)より施行されます。
 この制度の今後の成り行きに一番頭を悩ませているのは、ホステスさん、ホストさん、バー、クラブ、キャバレーのオーナー経営者さんではないでしょうか。
「源泉所得税は支払っている・支払っているが支払調書は出していない」
「支払調書はとりあえず源氏名で作成しているが渡していない」
「本名で渡している」
「税金名目で徴収しているが納付自体行っていない」
などの相談を、今までお店のオーナーさんから数多く受けており、マイナンバーは風俗業界に大きな影響を及ぼす制度であると認識しました。
 
 又、店やホステスさんをとりまく経営環境も年々厳しくなり、店の維持・事業拡大が大変難しい時代になってきております。
 
 私共の事務所では、そういった無申告又は申告しているが問題を抱えている方々の相談に乗れるようなノウハウを数多く蓄積しています。
 
 一方、ホステスさんからは
「店から色々差し引かれているが、税申告をしたことがない。」
「どうやって申告するかわからないし、申告すると大変不利になる」
「職業がばれてしまうのでは?」
「店の同僚や周りの仲間で、申告している人なんて聞いたことがない。申告なんてする必要がないのでは?」
「税金は店から天引きされているから、それで全て済んでいるはず!」
という声をよく聞きます。
 そんな不安・疑問のある方、間違った思い込みや誤解のある方にも、わかりやすく丁寧に対応し、問題解決の一助になればと考えております。
 
 マイナンバー制度と税金に悩んだら是非、当事務所にご相談ください。


藤井かずひろ

税理士・行政書士・代表取締役 藤井かずひろ

藤井 かずひろ税理士事務所
社会保険労務士事務所
やちよ法務行政書士事務所
㈲医療経営税務研究所

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-11-4SBN 6F(ストークビル長崎第一)
代表 税理士・行政書士・代表取締役 藤井 かずひろ

TEL:03-6273-1652
FAX:03-3341-8502
Mail:yachiyo.a.f@tkcnf.or.jp
お問い合わせお問い合わせ
店舗数データ

【大都市圏】キャバクラ・ホストクラブ・クラブ・スナックの店舗数
※平成30年1月現在




少ない県


東京都の場合
エリア別風俗営業1号店舗数合計